MFフィリップスがマンC加入決定に喜び「ペップの下でのプレーがとても楽しみ」

MFフィリップスがマンC加入決定に喜び「ペップの下でのプレーがとても楽しみ」

マンCに加入したフィリップス [写真]=Manchester City FC via Getty Images

リーズからマンチェスター・Cへの完全移籍が決まったイングランド代表MFカルヴィン・フィリップスが、新天地での意気込みを示した。4日にマンチェスター・Cのクラブ公式サイトが伝えている。

 現在26歳のフィリップスはリーズの下部組織出身。同クラブで公式戦通算234試合に出場し、2020年のプレミアリーグ昇格などに貢献した。2020年9月にデビューしたイングランド代表でも定位置を確保し、これまで23試合に出場している。

 4日に移籍金4500万ポンド(約74億円)でマンチェスター・Cへの完全移籍が決まり、6年契約を締結。背番号は元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ氏(現バーンリー指揮官)も背負った「4」に決まった。

 加入に際し、フィリップスはマンチェスター・Cのクラブ公式サイトを通じてコメント。「マンチェスター・Cに移籍できて本当に嬉しい。ペップ・グアルディオラという世界最高峰の監督と素晴らしいチームによって、シティは再び国内最高のチームであることを証明した」と王者へのステップアップを喜び、次のように意気込みを示している。

「ペップの下でプレーし、彼と彼のコーチングスタッフから学び、このような素晴らしいチームの一員になれるということは、とても楽しみなことだ。シティはワールドクラスのクラブであり、ワールドクラスのスタッフと施設が揃っている。このクラブに加入できるなんて、夢が現実になったよ」

「今は、早くスタートを切り、チームがさらなる成功を収めるための手助けをしたいと思っている」

 また、ディレクター・オブ・フットボールのチキ・ベキリスタイン氏は、フィリップスについて次のようにコメント。活躍に期待を寄せている。

「カルヴィンは私たちが長い間獲得を夢見てきた選手であり、ここ数シーズンは国内と代表の両方で素晴らしい能力を証明してきた。彼のゲームを読む力、パス能力、エネルギー、意欲は、彼を恐るべき才能にし、勝利への素晴らしい意志を持った選手にしている」

「彼は我々のチームにとって素晴らしい補強になると思うし、我々のゲームを完璧に補完してくれるだろう。今後数年間、カルヴィンがプレーし、さらに成長していく姿を見ることを、ここにいる誰もが楽しみにしている」

関連記事(外部サイト)