全北現代、MF邦本宜裕との契約解除を発表…先日に酒気帯び運転で摘発

全北現代、MF邦本宜裕との契約解除を発表…先日に酒気帯び運転で摘発

全北現代が邦本宜裕と契約解除 [写真]=AFC

全北現代モータース(韓国1部)は13日、MF邦本宜裕との契約解除を発表した。

 邦本は8日未明に酒気帯び運転で摘発され、韓国プロサッカー連盟から暫定的に60日間の活動禁止処分を科されていた。全北現代は公式インスタグラム(jeonbuk1994)を通じて声明を発表し、同選手との契約を双方合意の上で解除したと報告。また、「ファンの皆様にご心配をおかけしたことを改めてお詫び申し上げるとともに、今後このようなことがないよう、教育・管理を徹底してまいります」とファンに謝罪した。
 
 現在24歳の邦本は浦和レッズユース出身。2015年にアビスパ福岡へと加入したが、2017年5月に「クラブの秩序風紀を著しく乱した」として、契約条項違反で同クラブを退団していた。

 2018年1月に当時Kリーグ1の慶南FCに加入し、初年度はリーグ準優勝とクラブ史上初のAFCチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。2020年に全北現代へのステップアップを果たし、リーグ連覇を達成している。2022シーズンは公式戦18試合に出場し、4ゴールを挙げていた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?