ラファ・マルケス氏がバルサに帰還! Bチームの監督に2年契約で就任

ラファ・マルケス氏がバルサに帰還! Bチームの監督に2年契約で就任

マルケス氏がバルサに帰還 [写真]=Getty Images

バルセロナは14日、元メキシコ代表DFラファエル・マルケス氏がバルセロナ・アトレティク(Bチーム)の監督に就任することを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年間となる。

 現在43歳のマルケス氏は、アトラス(メキシコ)、モナコを経て、2003年夏にバルセロナに加入。クラブ史上初のメキシコ人選手として公式戦通算242試合に出場し、2度のチャンピオンズリーグ制覇や4度のラ・リーガ優勝などに貢献した。2010年夏の退団後はニューヨーク・レッドブルズ、レオン(メキシコ)、ヴェローナを渡り歩き、2018年夏にアトラスでスパイクを脱いだ。

 引退後はアトラスのスポーツディレクター、アルカラ(スペイン5部)のユース監督を歴任してきたマルケス氏。約12年ぶりとなる古巣復帰を果たし、セルジ・バルフアン前監督の後任として、逸材の宝庫であるセカンドチームを託された。なお、バルセロナのBチームに外国人指揮官が就任するのは、史上初のこととなるようだ。


【画像】ラファ・マルケス氏がバルサ・アトレティクの監督に就任

関連記事(外部サイト)