韓国ツアー中のトッテナム、新加入の2選手が新型コロナ陽性か

韓国ツアー中のトッテナム、新加入の2選手が新型コロナ陽性か

韓国でプレシーズンツアーを行っているトッテナム [写真]=Getty Images

トッテナムに所属する選手2名が新型コロナウイルス陽性となったようだ。14日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 今夏、韓国でプレシーズンツアーを行っているトッテナムは、13日にKリーグ選抜と対戦し、6−3で勝利を収めた。今後は16日にセビージャとの対戦を予定しており、その後は一度イギリスに戻って、23日にスコットランドでレンジャーズと対戦。30日にジョゼ・モウリーニョ元監督が率いるローマとイスラエルで今夏最後のプレシーズンマッチを行う予定となっている。

 韓国ツアーには28選手が帯同しているが、そのうち今夏新加入を果たしたマリ代表MFイヴ・ビスマと、イングランド代表GKフレイザー・フォースターが入国後72時間以内に受けなければならないPCR検査で陽性判定を受けたという。同国の規則では陽性となった場合は7日間ホテルで隔離されることになっており、Kリーグ選抜との一戦を欠場した2選手は、16日のセビージャ戦も欠場を余儀なくされることになるようだ。

 なお、チームはセビージャ戦終了後の17日にイギリスに戻る予定となっているが、ビスマとフォースターは隔離期間中であるため、一緒に帰国することはできず。チームに遅れて19日に移動する予定となっていることが伝えられている。

関連記事(外部サイト)