マフレズ、マンCとの契約を2025年夏まで延長!「このクラブで自分の役割を果たしたい」

マフレズ、マンCとの契約を2025年夏まで延長!「このクラブで自分の役割を果たしたい」

マフレズがマンチェスター・Cと新契約を締結 [写真]=Manchester City FC via Getty Images

マンチェスター・Cは15日、同クラブに所属しているアルジェリア代表FWリヤド・マフレズとの契約を2025年夏まで延長したことを発表した。

 プレミアリーグでの実績豊富なウインガーが、マンチェスター・Cとの新契約にサインした。マフレズとマンチェスター・Cの契約は2023年夏で満了を迎える予定となっており、マフレズの決断に注目が集まっていた。2018年夏の加入以降、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるチームに欠かせない存在となっていたマフレズが、マンチェスター・Cへの忠誠を誓っている。

 現在31歳のマフレズは“ミラクル・レスター”の一員として、2015−16シーズンのプレミアリーグ優勝を成し遂げた。同シーズンはイングランドサッカー選手協会(PFA)のファン投票による年間最優秀選手賞も受賞。マンチェスター・C移籍後は3度のプレミアリーグ制覇、3度のカラバオ・カップ優勝、FAカップのタイトル獲得などに貢献している。2021−22シーズンの公式戦47試合に出場して24ゴールを挙げていた。

 契約延長に際し、マフレズはマンチェスター・Cのクラブ公式サイトでコメントを発表している。

「新契約にサインできて、とても嬉しいよ。ここで過ごす時間は1分1秒を争うほど楽しいんだ。このような素晴らしいクラブの一員であることを嬉しく思っている。過去4シーズンの成功に貢献できたことは忘れられないし、僕ら全員がさらに上を目指そうとハングリーになった」

「また、ペップ、チキ、コーチングスタッフには、選手として成長するのを助けてくれたこと、さらに向上し続けるよう背中を押してくれたことに感謝したい。今はただ、来シーズン以降の成功にフォーカスしている。このクラブで自分の役割を果たしたい」

 また、ディレクター・オブ・フットボールのチキ・ベキリスタイン氏は、マフレズの契約延長について以下のように語っている。

「リヤドは加入してからの4年間、我々の成功において大きな役割を果たしてきた。彼がこの新契約に合意し、クラブ一同非常に嬉しい気分だ。リヤドの技術、才能、献身性、そして勝利への意欲は、加入当初から明らかで、それらがクラブに多くのものをもたらしてくれた。また、ペップやコーチングスタッフもリヤドとの仕事を楽しんでいる。

「彼はサッカー界で最もエキサイティングなウインガーの1人だ。彼がさらなる成功のため、我々との冒険に同行してくれることを知り、非常に喜ばしく思っている」

関連記事(外部サイト)