マルセイユ、FWルイス・スアレス獲得でグラナダと基本合意! メディカルチェック後に正式契約へ

マルセイユ、FWルイス・スアレス獲得でグラナダと基本合意! メディカルチェック後に正式契約へ

マルセイユは18日、L・スアレスの完全移籍で合意したことを発表 [写真]=Getty Images

マルセイユは18日、コロンビア代表FWルイス・スアレスの完全移籍でグラナダと合意に達したことを発表した。

 現在24歳のL・スアレスは母国コロンビアのレオネスFCでプロキャリアをスタートさせると、2016年にグラナダのBチームに加入した。2017年夏にはワトフォードへと移籍し、すぐさまバジャドリードのBチームに期限付き移籍。その後、ジムナスティック・タラゴナとサラゴサでプレーした同選手は、2020年夏にグラナダに復帰した。

 2021−22シーズンのラ・リーガ37試合に出場し8ゴール4アシストを記録したL・スアレス。惜しくもグラナダはセグンダ(2部リーグ)降格の憂き目にあったが、同選手はチーム内でFWホルヘ・モリーナに次ぐ2番目のゴール数を残している。

 なお、L・スアレスはフランスでメディカルチェックを受けた後、マルセイユと正式契約を締結する。

関連記事(外部サイト)