DAZN、来季以降のプレミアリーグ放映権について声明「残念ながら現時点では…」

DAZN、来季以降のプレミアリーグ放映権について声明「残念ながら現時点では…」

DAZNがプレミアリーグの放映権に関する声明を発表 [写真]=Getty Images

DAZNは21日、来シーズン以降のプレミアリーグ放映権について声明を発表した。

 DAZNは今年4月に「来シーズン以降のイングリッシュ プレミアリーグ放映権獲得に向けて交渉を続けて参りましたが、現時点においては来シーズンにおいての権利を保有しておりません」ことを発表していた一方で、「来シーズンも引き続きファンの皆様にDAZNでEPLをお楽しみ頂けるよう、関係者との協議を継続していく所存です」と声明を発表していた。

 動向には注目が集まっていたが、今回、改めて発表された声明でも「残念ながら現時点では来シーズンにおいての権利獲得に至っておりません」と来シーズン以降のプレミアリーグ放映権を獲得できていないことを明らかにした。

 以下、リリースの通り。

 DAZNジャパンは来シーズン以降のイングリッシュ プレミアリーグ放映権獲得に向けて関係各所と交渉を続けて参りましたが、残念ながら現時点では来シーズンにおいての権利獲得に至っておりません。今後もファンの皆様にプレミアムなスポーツコンテンツをお届けできるよう引き続き尽力してまいりますが、明治安田生命Jリーグ、AFCチャンピオンズリーグなどを含むAFC14大会、セリエA、ラ・リーガ、ベルギーリーグ、各国のカップ戦に加えて、Yabecchi Stadium、内田篤人の FOOTBALL TIME、 PREMIER LEAGUE FREAKS、 SERIE A FREAKS、 LA LIGA FREAKS などの豊富なオリジナルコンテンツをDAZNでお楽しみいただければ幸いです。

 なお、イングランド関連のコンテンツにおいてはプレシーズンマッチ、コミュニティ・シールド、FA杯、UEFAネーションズリーグやEUROヨーロッパ予選、W杯ヨーロッパ予選のライブ配信、オリジナルコンテンツのPREMIER LEAGUE FREAKSは情報・トーク番組として継続していきます。

関連記事(外部サイト)