磐田、MF清田奈央弥の育成型期限付き移籍を発表…J3の福島へ加入「強く逞しく成長してきます」

磐田、MF清田奈央弥の育成型期限付き移籍を発表…J3の福島へ加入「強く逞しく成長してきます」

ジュビロ磐田のMF清田奈央弥が福島ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍

ジュビロ磐田は8月1日、MF清田奈央弥が福島ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2023年1月31日までで、背番号は「30」を着用する。同3日より福島のトレーニングに合流予定となっている。

 清田は2001年8月25日生まれの現在20歳。横浜F・マリノスのジュニアユースから磐田のユースへと進み、2020年にトップチームへと昇格した。ルーキーイヤーは明治安田生命J2リーグで3試合に出場していた。今季はここまで明治安田生命J1リーグでの出場機会はなく、JリーグYBCルヴァンカップで5試合に出場。天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会では2試合に出場して1ゴールを挙げていた。

 育成型期限付き移籍に際し、清田は磐田のクラブ公式HPにて「この度、福島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍する決断をしました。今シーズン最後までジュビロで戦えないのはとても悔しいですが、強く逞しく成長してきます」とコメントを発表している。

 また、新天地となる福島のクラブ公式HPでは「福島ユナイテッドFCに関わる全ての皆さま、初めましてこんにちは、ジュビロ磐田から加入しました清田奈央弥です。チームの勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

 今シーズン、磐田は明治安田生命J1リーグ第23節を終えた段階で、勝ち点「22」を獲得して16位となっている。一方、福島は明治安田生命J3リーグ第19節終了時点で、勝ち点「25」を積み上げて10位につけている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?