ヘタフェが今夏6人目の補強…昨季レンタル加入のマジョラルを完全移籍で獲得

ヘタフェが今夏6人目の補強…昨季レンタル加入のマジョラルを完全移籍で獲得

昨季後半戦はヘタフェでプレーしていたマジョラル [写真]=Getty Images

ヘタフェは8月1日、レアル・マドリードからスペイン人FWボルハ・マジョラルを完全移籍で獲得したことを発表した。

 2021−22シーズン後半戦はヘタフェへとレンタル移籍していたマジョラルが、完全移籍でクラブに加入することとなった。マジョラルはヘタフェと2027年夏までの5年契約を締結。スペインメディア『マルカ』によると、移籍金は1,000万ユーロ(約14億円)ほどの見込みだ。

 マジョラルは1997年4月5日生まれの現在25歳。レアル・マドリードの下部組織出身で、トップチームでは公式戦33試合に出場して7ゴールを挙げていた。トップチーム昇格後はレンタル移籍を繰り返しており、これまでヴォルフスブルク、レバンテでプレー。2020−21シーズンはローマでプレーし、公式戦44試合で17ゴールをマークした。2021−22シーズンは前半戦をローマで過ごしたものの、出場機会に恵まれず、冬の移籍市場でヘタフェへ移籍。ラ・リーガ18試合に出場して6ゴールを記録していた。

 今オフ、ヘタフェはウエスカからスペイン人MFハイメ・セオアネ、グラナダから同MFルイス・ミジャとポルトガル代表DFドミンゴス・ドゥアルテ、リーベル・プレートからアルゼンチン人DFファブリツィオ・アンヒレリを完全移籍で獲得。レアル・ソシエダのスペイン人MFポルトゥはレンタル移籍での加入が発表されていた。マジョラルは今オフ6人目の補強となっている。


【動画】ヘタフェがマジョラルを完全移籍で獲得


関連記事(外部サイト)