開幕節はOGによる1点のみ…攻撃陣の厚みを欠くマンU、33歳FWアルナウトヴィッチ獲得を検討か

開幕節はOGによる1点のみ…攻撃陣の厚みを欠くマンU、33歳FWアルナウトヴィッチ獲得を検討か

マンUが、ボローニャのアルナウトヴィッチ獲得に関心? [写真]=Getty Images

マンチェスター・Uが、ボローニャに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトヴィッチの獲得に関心を示している模様だ。7日に、イギリスメディア『BBC』が報じている。

 7日に行われたプレミアリーグ開幕節で、マンチェスター・Uはブライトンと対戦。本拠地『オールド・トラフォード』で開幕白星スタートを切りたかったところだが、前半だけで2点のビハインドを背負う。68分に相手オウンゴールで何とか1点を返したが及ばず、1−2でブライトンに敗れている。

 “赤い悪魔”は、シーズン初戦でいきなり得点力不足を露呈。今夏は、ザルツブルクで輝きを放つ19歳のスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコのような「長期的に主力を務められる逸材」の獲得を検討していると言われてきた同クラブだが、『BBC』は「ブライトン戦におけるマンチェスター・Uのパフォーマンスは、即戦力を補強する必要性を強調している」と伝えている。実際、マンチェスター・Uはフランス代表FWアントニー・マルシャルがハムストリングを負傷中で、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも本調子には程遠い状態。エリック・テン・ハフ監督は、ブライトン戦でデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを偽9番として起用しており、センターフォワードの必要性は明らかだ。

『BBC』は、マンチェスター・Uが即戦力として、現在33歳のアルナウトヴィッチの獲得を検討していると報道。ストークやウェストハムでプレーした経験もあり、プレミアリーグを熟知しているベテランFWについて、同メディアは「アルナウトヴィッチが移籍するとなれば衝撃的だが、彼はユナイテッドの攻撃に闘争的な要素をもたらしてくれるだろう」と分析している。

 アルナウトヴィッチは昨シーズン、ボローニャで公式戦34試合に出場して、15ゴール1アシストをマークしている。

関連記事(外部サイト)