三笘薫がプレミア初出場! ブライトンは1点が遠く、ニューカッスルとスコアレスドロー

三笘薫がプレミア初出場! ブライトンは1点が遠く、ニューカッスルとスコアレスドロー

三笘薫がプレミアリーグデビュー(画像はプレシーズンのもの) [写真]=Getty Images

プレミアリーグ第2節が13日に行われ、ブライトンとニューカッスルが対戦した。

 7日に行われた開幕戦でブライトンはマンチェスター・Uの敵地に乗り込み、2-1で勝利した。開幕2連勝を狙う一戦には、前節と同じ11名をスタメンにチョイス。三笘薫はベンチからのスタートとなっている。一方、ニューカッスルはノッティンガム・フォレストとの開幕戦を2-0で制した。前節からスタメンを1名変更しており、左サイドバックの位置にマット・ターゲットではなくスヴェン・ボトマンを起用した。

 試合は序盤からブライトンが押し込む形となるも、ニューカッスルは鋭いカウンターからチャンスを創出する。33分にはブライトンにビッグチャンスが。ペナルティエリア内でルーズボールを拾ったソリー・マーチが右足を振り抜く。シュートはゴール左隅に向かったものの、ライン上でキーラン・トリッピアーがクリアし、得点とはならない。42分には右サイドからのパスを引き出したアダム・ララーナが反転から左足シュート。この一撃はニック・ポープが難なくセーブした。前半はこのままスコアレスで終了する。

 後半最初にチャンスを作ったのはブライトン。49分、右サイドからのクロスボールにララーナが頭で合わせるも、シュートはポープのファインセーブに阻まれる。67分にはダニー・ウェルベックがペナルティエリア内から左足で狙うも、シュートはブロックされてしまう。

 なかなかゴールを奪えないブライトンは74分、三笘薫をピッチへ送り出す。プレミアリーグデビュー戦となった三笘は84分に“らしさ”を発揮。左サイドでボールを受けると、鋭い切り返しからエリア内に侵入。ゴールラインギリギリのところから折り返し、最後はパスカル・グロスが合わせるも、シュートはわずかに枠を外れた。

 ブライトンは勢いを増して相手ゴールに迫ったものの、最後まで1点が遠い。試合はこのままタイムアップを迎え、スコアレスドローに終わっている。

 次節、ブライトンは21日に敵地でウェストハムと対戦する。一方、ニューカッスルは同じく21日に、昨季の王者であるマンチェスター・Cをホームに迎える予定だ。

【スコア】
ブライトン 0-0 ニューカッスル

【得点者】
なし

【スターティングメンバー】
ブライトン(3-5-1-1)
GK:R・サンチェス
DF:フェルトマン、ダンク、ウェブスター
MF:マーチ(74分 ランプティ)、グロス、マック・アリスター、カイセド、トロサール(74分 三笘)
FW:ララーナ(65分 ムウェプ)、ウェルベック

ニューカッスル(4-3-3)
GK:ポープ
DF:トリッピアー、シェア、バーン、ボトマン
MF:ウィロック(74分 ロングスタッフ)、B・ギマランイス、ジョエリントン
FW:アルミロン、ウィルソン(87分 ウッド)、サン・マクシマン(74分 マーフィー)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?