チェルシー対トッテナムは試合後に一触即発…今季プレミア初退場は両指揮官に

チェルシー対トッテナムは試合後に一触即発…今季プレミア初退場は両指揮官に

試合後に一触即発となったトゥヘル監督とコンテ監督 [写真]=Getty Images

今シーズンのプレミアリーグで初めてレッドカードが提示されたのは指揮官たちとなった。

 プレミアリーグ第2節が14日に行われ、チェルシーとトッテナムが対戦。19分にカリドゥ・クリバリのボレーシュートでチェルシーが先制すると、68分にはピエール・エミール・ホイビュアのゴールでトッテナムが同点に追いつく。77分にはリース・ジェームズが勝ち越しゴールを奪い、チェルシーがリードを手にしたものの、90+6分にハリー・ケインのヘディング弾で再びトッテナムが追いつき、2−2のドローに終わった。

 試合途中にもトッテナムの得点シーンで両陣営が揉める場面があり、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督とトッテナムのアントニオ・コンテ監督にはイエローカードが提示されていたが、試合終了直後にトゥヘル監督とコンテ監督が握手をした場面で再び両者はヒートアップ。両指揮官にはレッドカードが提示され、次節はベンチ入り不可となった。なお、統計会社『Who Scored』によると、今シーズンのプレミアリーグでレッドカードが提示されたのは両指揮官が初となったという。

 試合後、イギリスメディア『スカイスポーツ』で楽しめたかと聞かれたトゥヘル監督は「そうだね。彼も同じように楽しんでいたと思うよ。悪いことではない。ピッチ上で少し衝突する2人の選手のようなものだ。でも、何も起きていないし、誰もケガをしていない。これはプレミアリーグの試合で、2人の監督がチームの勝利のために戦ったというだけだ」と特に問題はないことを強調した。

 また、「握手する時はお互いの目を見てするものだと思う。でも、彼は違う意見を持っているようだ」と試合終了後に揉めた要因について明かしつつ、「私たちはどちらもチームのために戦っていて、時々このようなことは起きる。ここではとても(距離が)近いからね。とても激しい試合で、両陣営はとてもとても近い。それで、両方が少しヒートアップしてしまったね」と振り返った。

 対するコンテ監督も試合後、「私たちは楽しんでいたと思う。次回はもっと注意を払って、握手をしなければ問題は解決されるだろう」と冗談を口にしながら、問題はないと語った。

「何が起こったかはビデオを見ればわかるだろう。もちろん、パニックなどにはなっていない。攻撃的なものがあれば、攻撃的な意見になるだろう。でも、繰り返しになるが、これは問題ではない。最も重要なことは両チームのレベルは高く、素晴らしい試合だったということだ。私たちにとってポイントを取れたことは本当に重要なことだ」

関連記事(外部サイト)