カゼミーロのマンU移籍が正式発表! 合計18タイトルを獲得したレアルに別れ

カゼミーロのマンU移籍が正式発表! 合計18タイトルを獲得したレアルに別れ

カゼミーロのマンチェスター・U行きが発表 [写真]=Getty Images

レアル・マドリードのブラジル代表MFカゼミーロが、マンチェスター・Uへと完全移籍で加入することとなった。19日に両クラブの公式HPが伝えている。

 世界トップレベルの成功を経験してきた“アンカー”が、プレミアリーグに初挑戦する。マンチェスター・Uによると、急転直下で発表された今回の移籍は、個人条件の合意、イギリスのビザ要件、そしてメディカルチェックを経て、正式に完全移籍が確定する。

 イギリスメディア『BBC』によると、カゼミーロは2026年夏までの4年契約を締結し、契約には1年間の延長オプションも付随している。移籍金は6000万ポンド(約97億円)の基本条件に加えて、1000万ポンド(約16億円)のボーナスが加わる条件に。カゼミーロは現在のマンチェスター・Uにおいて最高額の給与を受け取ることになるようだ。

 カゼミーロは1992年2月23日生まれの現在30歳。母国の名門サンパウロでキャリアをスタートさせ、2013年冬にレアル・マドリード・カスティージャにレンタル移籍で加入した。シーズン終了後に完全移籍へと移行。ポルトへのレンタル移籍を経て、2015-16シーズンにはレアル・マドリードのトップチームで公式戦35試合に出場し1ゴールをマークした。ジネディーヌ・ジダン監督就任直後の数試合はベンチを温める機会もあったものの、その後は不動のアンカーとしてレアル・マドリードに貢献。これまでの公式戦通算336試合の出場で31ゴールを挙げている。2015-16シーズンからのチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を含む5度の欧州制覇、3度のラ・リーガ優勝など合計18ものタイトル獲得に貢献してきた。

 また、レアル・マドリードはカゼミーロのこれまでの貢献に感謝の意を示し、現地時間22日の11:30よりシウダード・レアル・マドリードにて、カゼミーロの退団セレモニーを実施することを発表。同セレモニーにはフロレンティーノ・ペレス会長も出席する。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?