チェルシーFWバチュアイにセリエA行きの可能性…サレルニターナが獲得を検討か

チェルシーFWバチュアイにセリエA行きの可能性…サレルニターナが獲得を検討か

サレルニターナが関心を寄せるバチュアイ [写真]=Getty Images

セリエAのサレルニターナが、チェルシー所属のベルギー代表FWミシー・バチュアイの獲得を検討しているようだ。24日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 昨シーズンのセリエAで17位に終わったサレルニターナは、今後の戦いに向けてストライカーの獲得を熱望しており、バチュアイを獲得候補としてリストアップしたようだ。報道によると、すでにサレルニターナはバチュアイの獲得に向けて、チェルシーとの交渉を開始したとされている。サレルニターナ側はシーズン終了後の買い取りオプションが含まれたレンタル移籍での獲得を希望しているという。

 なお、イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によると、チェルシー側もバチュアイの移籍を容認する構えを見せているという。同クラブは買い取り義務が付随した形でのレンタル移籍を目指しているとされており、今後もクラブ間での交渉が続いていく見込みだ。

 現在28歳のバチュアイは母国のスタンダール・リエージュの下部組織出身。同クラブのトップチームやマルセイユでのプレーを経て、2016年夏にチェルシー加入を果たした。各国のタレントを擁する同クラブでは絶対的な存在になることが出来ず、近年は他クラブへのレンタル移籍を繰り返している。昨シーズンはトルコのベシクタシュでプレー。公式戦42試合に出場し14ゴール5アシストを記録した。今夏にチェルシー復帰を果たした同選手だが、トーマス・トゥヘル監督からの信頼を得ることは出来ず、開幕から3試合連続でベンチ外となっている。

 チャンピオンズリーグ(CL)やワールドカップでのプレー経験もあるバチュアイが加入するとなれば、サレルニターナにとっては非常に大きな補強となるが、果たして移籍は実現するのだろうか。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?