川崎F&横浜FMが足踏み…広島が5連勝で暫定首位に浮上!/J1第28節

川崎F&横浜FMが足踏み…広島が5連勝で暫定首位に浮上!/J1第28節

最終盤にドラマが待っていた“神奈川ダービー” [写真]=金田慎平

明治安田生命J1リーグ第28節が2日と3日に行われた。

 川崎フロンターレは湘南ベルマーレと対戦。20分に先制したものの、53分にPKで追いつかれると、後半アディショナルタイム3分にOBの阿部浩之に劇的な逆転ゴールを決められて敗戦。川崎Fは5試合ぶりの黒星となり、シーズンダブルを達成した湘南は6試合ぶりの白星となった。

 横浜F・マリノスは敵地でFC東京と対戦。前半終盤に2点を奪ったものの、塚川孝輝にJ1初ゴールを含む2得点を許して追いつかれ、2-2の痛み分けに終わった。

 サンフレッチェ広島はホームで清水エスパルスと対戦。65分に塩谷司が退場したものの、83分と試合終了間際に川村拓夢がネットを揺らし、2-0で勝利した。広島は5連勝となり、消化試合数の少ない川崎Fと横浜FMをかわして暫定首位に浮上した。

 浦和レッズをホームに迎えた鹿島アントラーズは、アルトゥール・カイキの2ゴールで2点を先行。しかし、2点差を追いつかれて2-2のドローに終わり、鹿島は3戦未勝利となった。柏レイソルも最下位ジュビロ磐田に2点差を追いつかれ、2-2のドローで4戦未勝利となった。

 残留争いの渦中にあるヴィッセル神戸とガンバ大阪はともに手痛い完封負け。北海道コンサドーレ札幌はセレッソ大阪戦で劇的な逆転勝利を収めて連敗を止めた。

 アビスパ福岡vs名古屋グランパスでは、ルキアンとジョルディ・クルークスの非フェアプレー的な同点ゴール、その後に福岡の長谷部茂利監督による“ゴール献上”指示、物議を醸す判定など、さまざまなイベントが発生。3-2で名古屋が勝利し、福岡は7戦未勝利となった。

 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。

■試合結果
▼9月2日(金)
北海道コンサドーレ札幌 2-1 セレッソ大阪

▼9月3日(土)
鹿島アントラーズ 2-2 浦和レッズ
ジュビロ磐田 2-2 柏レイソル
サンフレッチェ広島 2-0 清水エスパルス
FC東京 2-2 横浜F・マリノス
湘南ベルマーレ 2-1 川崎フロンターレ
京都サンガF.C. 2-0 ヴィッセル神戸
ガンバ大阪 0-3 サガン鳥栖
アビスパ福岡 2-3 名古屋グランパス

■順位表
※()内は勝ち点/得失点差

1位 広島(50/+17)
2位 横浜FM(49/+24)※3試合未消化
3位 川崎F(49/+15)※2試合未消化
4位 鹿島(45/+5)
5位 柏(44/+4)
6位 C大阪(41/+9)※2試合未消化
7位 鳥栖(40/+7)
8位 FC東京(39/+1)※2試合未消化
9位 浦和(36/+12)※2試合未消化
10位 名古屋(36/-3)※1試合未消化
11位 清水(31/-6)
12位 札幌(31/-16)※1試合未消化
13位 京都(29/-4)※2試合未消化
14位 湘南(29/-10)※2試合未消化
15位 福岡(28/-10)
16位 G大阪(28/-14)
17位 神戸(24/-11)※2試合未消化
18位 磐田(23/-20)※1試合未消化

■今後の対戦カード
【第25節延期分】
▼9月7日(水)
19:00 横浜FM vs 湘南

【第29節】
▼9月10日(土)
18:00 清水 vs 湘南
18:30 川崎F vs 広島
19:00 浦和 vs 柏
19:00 横浜FM vs 福岡
19:00 京都 vs 鹿島
19:00 G大阪 vs FC東京
19:00 C大阪 vs 鳥栖
19:00 神戸 vs 名古屋

▼9月11日(日)
13:05 札幌 vs 磐田

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?