エンバペが圧巻の2発! PSGがCL初陣で白星…ユーヴェは後半の追い上げも届かず

エンバペが圧巻の2発! PSGがCL初陣で白星…ユーヴェは後半の追い上げも届かず

エンバペ [写真]=Icon Sport via Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第1節が6日に行われ、パリ・サンジェルマン(フランス)とユヴェントス(イタリア)が対戦した。

 今季のCL開幕カードで、ビッグマッチが実現した。昨シーズン、PSGはレアル・マドリード、ユヴェントスはビジャレアルと“スペイン勢”に屈し、ベスト16で姿を消していたチーム同士の対戦に。PSGはリオネル・メッシ、キリアン・エンバペ、ネイマールが揃う豪華な陣容に。一方、ユヴェントスは今夏の新加入選手であるグレイソン・ブレーメル、フィリップ・コスティッチ、アルカディウシュ・ミリクを起用し、レアンドロ・パレデスにとっては早くも“古巣戦”に臨むこととなった。

 試合は開始早々の5分、ホームチームのPSGがスコアを動かす。ペナルティエリア手前で前を向いたネイマールがDFラインの背後にループパスを送ると、抜け出したエンバペがダイレクトシュート。右足から放たれた強烈な一撃がネットを揺らし、PSGが先手を取った。

 対するユヴェントスは18分、右サイドでボールを持ったクアドラードのクロスボールからミリクが頭で狙うも、これはPSGの“守護神”ジャンルイジ・ドンナルンマに弾き出される。こぼれ球を拾ったドゥシャン・ヴラホヴィッチのヒールキックはDFに防がれたものの、最後はコスティッチが左足でフィニッシュ。これは枠を外れた。

 22分にはPSGが追加点をゲット。ペナルティエリア手前でマルコ・ヴェラッティから斜めのパスを引き出したエンバペがダイレクトではたくと、アクラフ・ハキミはダイレクトで折り返し。華麗なワンツーから最後はエンバペがダイレクトで沈め、PSGがリードを広げた。前半はこのままPSGの2点リードで終了する。

 後半に入るとユヴェントスは選手を交代。ファビオ・ミレッティに代えてウェストン・マッケニーを送り出した。すると53分、左コーナーキックでショートコーナーを使うと、コスティッチが左足で正確なクロスボールを供給。最後は後半からピッチに立ったマッケニーがヘディングシュートを沈め、ユヴェントスが1点を返した。

 その後はややユヴェントスのペースで試合が進んだものの、PSGも最後まで集中を切らさず。これ以上の得点を与えることはなく、試合は2-1でPSGの勝利に終わっている。

 次節は15日に行われ、PSGは敵地でマッカビ・ハイファ(イスラエル)と対戦する。一方、ユヴェントスはホームにベンフィカ(ポルトガル)を迎える予定だ。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 2-1 ユヴェントス

【得点者】
1-0 5分 キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)
2-0 22分 キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)
2-1 53分 ウェストン・マッケニー(ユヴェントス)

【スターティングメンバー】
パリ・サンジェルマン(3-4-1-2)
GK:ドンナルンマ
DF:S・ラモス、マルキーニョス、キンペンベ
MF:ハキミ(78分 ムキエレ)、ヴェラッティ(87分 R・サンチェス)、ヴィティーニャ(78分 D・ペレイラ)、N・メンデス
FW:メッシ(84分 ソレール)、ネイマール、エンバペ

ユヴェントス(3-5-2)
GK:ペリン
DF:ブレーメル、ボヌッチ、ダニーロ
MF:クアドラード(74分 デ・シリオ)、ラビオ(87分 キーン)、パレデス、ミレッティ(46分 マッケニー)、コスティッチ
FW:ヴラホヴィッチ、ミリク(68分 ロカテッリ)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?