2季ぶりのELに臨むアーセナル…アルテタ監督は「勢いを維持したい」と意気込み

2季ぶりのELに臨むアーセナル…アルテタ監督は「勢いを維持したい」と意気込み

2季ぶりのELに臨むアーセナルのアルテタ監督 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

アーセナルのミケル・アルテタ監督が7日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループA第1節チューリッヒ戦に向けた記者会見に臨んだ。

 アルテタ監督はまず帯同メンバーや負傷者の状況について言及した。

「残念ながら、この2週間ほどで負傷者が出ていて、それほど多くの選手が居ない。この大会では、非常に力を入れていきたい大会だ。良い方法で大会をスタートし、勢いを維持したい」

「(イングランド代表MFエミール・スミス・ロウについて…)彼は数週間前から抱えていた負傷箇所に違和感があった。ここ数日は練習にも参加していないので、メンバーから外れている」

「(同代表FWブカヨ・サカにワールドカップまで出場時間の制限などを掛ける予定はあるのか?) チームとパフォーマンスが許せば、彼の負荷を管理し、可能な限り最高のコンディションでフィールドに送り出すため、最善を尽くすつもりだ。11月以降、今までに経験の無いことがあるからね」

 また、7日には同じロンドンのライバルであるチェルシーのトーマス・トゥヘル監督が解任された。そのことについて問われると、「ニュースが届いたのは、練習の直前だった。同じく監督をしている人が解任されるのは、いつも悲しいことだ。彼の幸運を祈っている。このニュースを聞くのは楽しいことでは無いよ」

 そして、今夏フルアムに移籍し、前所属アーセナルを批判するようなコメントを発したドイツ代表GKベルント・レノについても語っている。

「本当にびっくりした。彼が全ての試合に先発していた時のことについて話していたのか、それともプレーしていない時のことについてだったのか、私には分からない。本当に驚いている」

 2シーズンぶりのEL並びに欧州大会参戦となるアーセナル。初優勝を目指す戦いが間もなく始まる。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?