U-21日本代表、9月26日にイタリアと対戦決定! 大岩剛監督「勝敗にこだわって臨む」

U-21日本代表、9月26日にイタリアと対戦決定! 大岩剛監督「勝敗にこだわって臨む」

Uー21日本代表(写真はU-23アジア杯2022・韓国戦) [写真]=AFC

日本サッカー協会(JFA)は9日、9月にヨーロッパに遠征するU-21日本代表が、同月26日にU-21イタリア代表と対戦することを発表した。

 試合は『Stadio Teofilo Patini(イタリア/カステル・ディ・サングロ)』で開催される。キックオフ予定時刻は日本時間の22時半となっている。また、CSテレ朝チャンネル2がこの試合の独占生中継を行うことも併せて発表されている。

 2024年に行われるパリ五輪を目指すU-21日本代表は当初、今月のアジア競技大会に出場する予定だった。しかし、同大会は新型コロナウイルスの影響で来年に延期となっていた。なお、9月のヨーロッパ遠征では、22日にスペインのマルベージャにてU-21スイス代表と対戦することがすでに決定している。

 U-21日本代表を率いる大岩剛監督は、イタリアとの対戦決定を受け、JFAを通じて次のようにコメントしている。

「イタリアという強豪との対戦が実現したことを嬉しく思います。イタリアもスイスと同様に来年の UEFA U-21欧州選手権の決勝大会出場を決めており、パリオリンピック出場に向けて強化を図っているチーム同士、互いに意義のあるマッチメークができたと思っています。我々も、スイスもイタリアもパリオリンピック出場を決めれば、同じ世代のライバルとして本大会で再び相まみえることになるでしょう。貴重なヨーロッパ遠征の機会を通じてチームとしての成長を促しながらも、しっかりと準備をして勝敗にこだわって試合に臨みます」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?