負傷者続出のリヴァプール、DFロバートソンも戦線離脱…復帰は代表ウィーク明けか

負傷者続出のリヴァプール、DFロバートソンも戦線離脱…復帰は代表ウィーク明けか

CLアヤックス戦を欠場することになったロバートソン [写真]=Getty Images

リヴァプールは12日、同クラブ所属のスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの負傷状況についてクラブ公式サイトで発表した。

 クラブの発表によると、ロバートソンは現地時間7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第1節のナポリ戦でヒザを負傷したという。負傷の程度や離脱期間等の詳細については明かされていない。

 この負傷により、ロバートソンは現地時間13日に行われれるCL・グループA第2節アヤックス戦を欠場することに。また、チームを率いるユルゲン・クロップ監督はロバートソンの負傷状況について、「ロボ(ロバートソン)は現在100パーセントの状態ではない。少なくともインターナショナルブレイクの間は休んでいるだろう」とコメントしており、同選手のリヴァプールでの戦線復帰は早くても10月以降になることが予想される。

 現在多くの負傷者を抱えているリヴァプール。とりわけ、ギニア代表MFナビ・ケイタやイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレン、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソン、U-21ポルトガル代表MFファビオ・カルヴァーリョ、U-21イングランド代表MFカーティス・ジョーンズなど、中盤の選手の離脱が相次いでいる。

 クロップ監督はアヤックス戦に向けての会見でこれらの選手の状態について言及。「カーティス(・ジョーンズ)はまだ使えない。ファビオ(・カルヴァーリョ)は練習に復帰しているので使うことができるだろう。ケイタとチェンバレンの復帰は10月の中頃になる見込みだ」とコメントしている。なお、言及がなかったヘンダーソンについては、「9月のインターナショナルブレイク後に復帰することになると思う」と、先週の会見でクロップ監督がすでに明言している。

※記事内容に誤りがありましたので、訂正いたしました(9月13日 16:20)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?