J1首位の横浜FM、札幌の堅守崩せずスコアレスドロー…連勝は「3」でストップ

J1首位の横浜FM、札幌の堅守崩せずスコアレスドロー…連勝は「3」でストップ

横浜FMと札幌の一戦はスコアレスドロー決着 [写真]=J.LEAGUE via Getty Images

明治安田生命J1リーグ第30節が18日に行われ、横浜F・マリノスと北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 現在リーグ戦3連勝中の横浜FMが、前節ジュビロ磐田に4-0で勝利し今季初の連勝を飾った札幌をホームに迎えての一戦。横浜FMはマルコス・ジュニオールや水沼宏太、アンデルソン・ロペスらが先発出場。札幌は金子拓郎や小柏剛、ガブリエル・シャビエルらがスタメンに名を連ねた。

 9分、A・ロペスのポストプレーを受けた渡辺皓太がダイレクトで右サイドの水沼に展開。ボールを受けた水沼がボックス内に侵入し、右足でシュートを放ったが、ボールは惜しくも枠の右に外れた。15分には敵陣中央でボールをキープした松原健が鋭い縦パスを供給。ボールを受けたA・ロペスは反転から左足でシュートを放つも、GK菅野孝憲のセーブに阻まれた。

 17分、ボックス手前右でボールを受けた水沼がボックス内にクロスを供給。これにA・ロペスが合わせたが、左肩に当たったボールは惜しくもクロスバーに当たり、得点には至らなかった。

 21分には札幌にチャンス。ボックス左角付近でボールを受けたルーカス・フェルナンデスがカットインから右足でシュートを放つも、ボールは惜しくも枠の右へ。直後の23分にはボックス内右でボールをキープした金子が後方にパスを出し、走り込んだ田中駿汰がダイレクトでシュート。ボールは枠内に飛んだが、GK高丘陽平の好セーブに阻まれた。

 25分、高い位置で相手のミスを拾った水沼がボックス手前からシュートを放つ。ボールは枠を捉えたが、GK菅野の好セーブに阻まれゴールとはならなかった。43分には札幌に決定機。敵陣内でのFKのこぼれ球を拾った駒井善成がボックス内にクロスを供給。岡村大八が強烈なヘディングシュートを放ったが、GK高岡が好セーブで凌ぎ、得点を許さない。

 互いにチャンスを作り合うものの、両GKの活躍もありゴールは生まれず。前半はこのままスコアレスで終了した。

 56分、横浜FMが敵陣ボックス外左でFKを獲得。キッカーの永戸勝也が低いボールを入れると、こぼれ球を最後はA・ロペスが押し込みネットを揺らす。先制点かと思われたが、オンフィールドレビューの結果、ゴール直前のプレーで藤田譲瑠チマにファールがあったとして得点は取り消しに。

 61分、水沼の右からのクロスに喜田拓也が飛び込みヘディングで合わせるも、GK菅野のセーブに阻まれる。直後の64分には札幌にチャンス。ドリブルで右サイドを駆け上がった金子のクロスに、途中出場のスパチョークが頭で合わせたが、シュートは惜しくも枠の上に外れた。

 ホームの横浜FMは攻勢を強めるもラストパスの精度を欠き、なかなかフィニッシュに持ち込めない時間が続く。対する札幌は77分、右サイドでボールをキープした金子がカットインから左足を振り抜く。シュートは枠を捉えたがGK高岡の好セーブに阻まれ得点には至らない。

 結局、一度もゴールネットが揺れることなくスコアレスで試合は終了。首位横浜FMの連勝は「3」でストップ。対する札幌も3連勝を逃している。

 次節は10月1日に行われ、横浜FMはアウェイで名古屋グランパスと、札幌はホームで川崎フロンターレと対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 0-0 北海道コンサドーレ札幌

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?