川崎F、タイ代表に合流していたMFチャナティップの負傷を発表…約3週間の離脱に

川崎F、タイ代表に合流していたMFチャナティップの負傷を発表…約3週間の離脱に

川崎Fがチャナティップの負傷を発表 [写真]=兼子愼一郎

川崎フロンターレは28日、同クラブに所属しているMFチャナティップの負傷を発表した。

 チャナティップは9月のインターナショナルマッチウィークでタイ代表に選出され、「第48回キングスカップ」を戦った。22日に行われたマレーシア代表との一戦にスタメンで出場したものの、同試合で右足を負傷。キックオフから15分後に途中交代を強いられていた。

 川崎Fの発表によると、チャナティップは日本への帰国後に検査を実施。「右長内転筋肉離れ」と診断された。全治までは受傷日の22日から3週間程度を要する見込み。10月12日に開催が予定されている明治安田生命J1リーグ第25節延期分の京都サンガF.C.戦に間に合うかどうかは不透明となっているが、同29日開催予定の第33節ヴィッセル神戸戦までにはピッチに戻ってくると予想される。

 現在28歳のチャナティップは今シーズンより川崎Fでプレーしている。インサイドハーフを中心としながら、時にはウイングでも出場。明治安田生命J1リーグではここまで15試合に出場している。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では3試合の出場で2ゴールをマーク。JリーグYBCルヴァンカップでも1試合に出場した。チャナティップは5月に右ヒラメ筋の肉離れで約1カ月半の離脱を強いられており、当時に続いて戦線を離脱することが決まってしまった。

 今シーズン、川崎Fは明治安田生命J1リーグ第30節終了時点で勝ち点「54」を獲得。現在2位につけている。首位を走る横浜F・マリノスとは1試合未消化と同じ条件で、勝ち点差は「5」。残り5試合での逆転優勝を目指している。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?