マンCに朗報! ひざの手術で出遅れていたラポルテが復帰へ「もうすぐ彼の活躍を…」

マンCに朗報! ひざの手術で出遅れていたラポルテが復帰へ「もうすぐ彼の活躍を…」

昨季は最終ラインの“柱”として公式戦44試合に出場したラポルテ [写真]=Getty Images

マンチェスター・Cは29日、クラブ公式サイトを通じてスペイン代表DFアイメリク・ラポルテの公式戦復帰が近いことを示唆した。

 9月のインターナショナルマッチウィークが終了し、マンチェスター・Cの代表選手たちもクラブのトレーニング施設に帰還。10月2日に控えたプレミアリーグ第9節、マンチェスター・Uとの“マンチェスター・ダービー”に向けて調整した。クラブは29日、公式サイトを通じてトレーニングの様子を公開。その中には、負傷離脱していたラポルテの姿もあった。

 ラポルテは2021-22シーズン終了後にひざの手術を実施。8月には“古巣”アスレティック・ビルバオの『レサマ(練習施設)』で戦列復帰に向けたトレーニングをこなしていることも伝えられていた。手術の影響で出遅れた今シーズン、ここまでは公式戦のピッチでその姿を見られていない。マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は9月中旬頃の復帰を見積もっていたが、実際には当初の予定よりも時間を要している。

 マンチェスター・Cは笑顔でトレーニングをこなすラポルテの画像とともに「もうすぐ彼の活躍を見ることができる。コンディションは完璧だ」とコメント。公式Twitter(@ManCity)でもラポルテの様子を公開している。

 現時点では“マンチェスター・ダービー”への出場可否はわかっていない。イングランド代表DFジョン・ストーンズは代表戦でハムストリングを痛めたものの、クラブはポルトガル代表DFルベン・ディアス、オランダ代表DFネイサン・アケ、スイス代表DFマヌエル・アカンジを抱えており、センターバックの“駒”は足りている。現在のコンディション次第ではあるが、ラポルテの公式戦復帰を急がせるかどうかは、グアルディオラ監督とクラブスタッフの判断に委ねられることとなりそうだ。

 それでも、ラポルテの復帰が近いのは事実だ。昨シーズンの公式戦で44試合に出場した技巧派のセンターバックが、マンチェスター・Cの最終ラインに戻って来る。


【画像】マンCがラポルテのトレーニング姿を公開


関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?