9月の代表ウィークで負傷者が続出…バルセロナが最多4名、ミランが3名

9月の代表ウィークで負傷者が続出…バルセロナが最多4名、ミランが3名

(左から)GKメニャン、MFフレンキー・デ・ヨング、DFティアニー [写真]=Getty Images

9月の代表ウィーク期間中に、負傷やコンディション不良で代表チームから離脱した選手が続出した。30日付で、スペイン紙『アス』が伝えている。

 11月に開幕を迎えるFIFAワールドカップカタール2022の影響で、異例の過密日程となっている今シーズン。本大会前最後となる代表ウィークでは、UEFAネーションズリーグを筆頭に世界各地で試合が行われていたものの、負傷離脱者が続出した。

『アス』によると、最も離脱者が多かったのがバルセロナでMFフレンキー・デ・ヨング、FWメンフィス・デパイ(ともにオランダ代表)、DFジュール・クンデ(フランス代表)、DFロナルド・アラウホ(ウルグアイ代表)の4名。なかでも、アラウホは手術を実施しており、本大会出場は不透明の状況となっている。

 バルセロナに次いで、ミランが2名の負傷者を抱えることになった。昨シーズンのセリエAチャンピオンは、GKマイク・メニャン(フランス代表)、DFシモン・ケアー(デンマーク代表)、MFサンドロ・トナーリ(イタリア代表)を失ったと『アス』は報じている。

■『アス』による、主な負傷離脱者26名

バルセロナ(4名):クンデ、アラウホ、F・デ・ヨング、デパイ

ミラン(3名):メニャン、ケアー、トナーリ

アーセナル(2名):ティアニー、トーマス

ニューカッスル(2名):イサク、ウッド

アタランタ(2名):コープマイネルス、デミラル

ドルトムント(2名):ムココ、G・レイナ

レアル・マドリード(1名):モドリッチ

ヘタフェ(1名):ウナル

ウルヴァーハンプトン(1名):R・ヒメネス

トッテナム(1名):クルゼフスキ

マンチェスター・C(1名):ストーンズ

インテル(1名):ブロゾヴィッチ

ラツィオ(1名):インモービレ

ヴォルフスブルク(1名):ヌメチャ

アヤックス(1名):ベルハイス

ペルシャ・ジャカルタ(1名):クデラ

※9月30日20時00分追記 
当初、アーセナルの日本代表DF冨安健洋を負傷者として記載しておりましたが、JFAからはクラブ事情と発表されております。タイトル・本文ともに訂正をし、お詫びを申し上げます。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?