8試合で3度目のハット達成…ハーランドが数々の新記録を打ち立てる

8試合で3度目のハット達成…ハーランドが数々の新記録を打ち立てる

数々の記録を打ち立てたハーランド [写真]=Getty Images

マンチェスター・Cに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、また新たな記録を樹立した。

 プレミアリーグ第9節が2日に行われ、マンチェスター・Cはホームでマンチェスター・Uと対戦。先発出場したハーランドは1-0で迎えた34分にCKから頭でゴールを決めると、37分にはケヴィン・デ・ブライネのパスに滑り込みながら合わせ追加点をマークした。

 さらに、4-1で迎えた64分にはセルヒオ・ゴメスのクロスに左足で合わせ、ハットトリックを達成。また、同じくハットトリックを達成したフィル・フォーデンの2ゴールをアシストするなど、フル出場を果たしたハーランドは6-3での快勝に大きく貢献した。

 この試合でハットトリックを達成したハーランドはこれが早くも今シーズン3度目のハットトリックに。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、同選手は元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏の記録(48試合)を大幅に更新し、プレミアリーグ史上最速記録となるデビューから8試合目で3度目のハットトリックを達成した。

 また、データサイト『OPTA』によると、ハーランドはホームで3試合連続のハットトリックを達成した史上初の選手になったほか、マンチェスター・Cの選手としては初めて“マンチェスター・ダービー”で5ゴール(3ゴール2アシスト)に関与した選手に。さらに、プレミアリーグで5ゴールに関与した25人目の選手となり、これまでの史上最年少(22歳73日)記録になったことも明らかとなった。

 さらに、この試合ではハーランドとともにフォーデンもハットトリックを達成。これは2003年5月のアーセナルvsサウサンプトン(ジャーメイン・ペナントとロベール・ピレス)、2019年10月のレスターvsサウサンプトン(アジョセ・ペレスとジェイミー・ヴァーディ)に続き、プレミアリーグ史上3度目の出来事にもなった。

 今夏マンチェスター・Cに加入した22歳のハーランドは、プレミアリーグデビューからの8試合で史上最多の14ゴールを記録しているほか、ここまでリーグ最多となる39分間に1回の割合で得点に関与するなど、新天地でも得点を量産し続けている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?