広島が2選手との契約更新を発表! “守備の要”DF荒木隼人、“攻撃を司る”MF森島司

広島が2選手との契約更新を発表! “守備の要”DF荒木隼人、“攻撃を司る”MF森島司

サンフレッチェ広島12月1日は、DF荒木隼人(左)とMF森島司(右)との契約延長を発表 [写真]=Getty Images

サンフレッチェ広島12月1日は、DF荒木隼人とMF森島司の2選手との契約更新を発表した。

 1996年8月7日生まれの荒木は現在26歳。サンフレッチェ広島の育成組織から関西大学を経て、2019年にサンフレッチェ広島へと入団した。プロ初年度から明治安田生命J1リーグ24試合に出場するなど経験を積み、同クラブの中心選手へと飛躍。今シーズンは公式戦47試合に出場し、JリーグYBCルヴァン杯初制覇に大きく貢献した。また、今年7月には日本代表デビューも飾っている。

 1997年4月25日生まれの森島は現在25歳。2016年にサンフレッチェ広島でプロキャリアをスタートさせた同選手は、ここまで“ワン・クラブ・マン”として活躍している。在籍7シーズンでクラブ公式戦170試合以上に出場。背番号『10』を着用し、サンフレッチェ広島の攻撃を司る森島は今シーズン、ルヴァン杯初優勝やJ1リーグ3位フィニッシュなどの立役者になっている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?