ブラジル代表に痛手…ジェズス全治3週間、テレスは手術の可能性でともにW杯離脱へ

ブラジル代表に痛手…ジェズス全治3週間、テレスは手術の可能性でともにW杯離脱へ

ブラジル負傷で2人W杯離脱へ

ブラジル代表に痛手…ジェズス全治3週間、テレスは手術の可能性でともにW杯離脱へ

ジェズス(左)とテレス(右)が離脱か [写真]=Getty Images

ブラジル代表からFWガブリエウ・ジェズス(アーセナル/イングランド)とDFアレックス・テレス(セビージャ/スペイン)が離脱するようだ。3日、ブラジルメディア『グローボ』が報じた。

 両選手はともに、2日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・グループG第3節カメルーン代表戦で右ひざを負傷していた。報道によると、ジェズスは全治3〜4週間の離脱に。一方、テレスの状況はより深刻で、最悪の場合、手術に踏み切る可能性もあるという。そのため、ともにW杯の残り試合は欠場することになりそうだ。

 ジェズスはセルビア代表戦とスイス代表戦で途中出場し、カメルーン代表戦で先発出場。テレスはスイス代表戦で途中出場し、カメルーン代表戦で先発出場していた。

 ブラジル代表ではFWネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)、DFダニーロ(ユヴェントス/イタリア)、DFアレックス・サンドロ(ユヴェントス)もコンディションに不安を抱えている。メンバー変更可能な期間はすでに過ぎており、日本時間5日28時(6日4時)に控えるラウンド16の韓国代表戦で誰が左サイドバックを務めることになるのか、現時点では不透明だ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?