ソシエダ、ベンフィカに勝利で首位を維持! CL3試合連続先発の久保建英は右サイドで躍動

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ソシエダがベンフィカと対戦しました。
  • 久保建英は右ウイングでスタートし、シュートを放ちました。
  • 63分、メンデスが決勝点を挙げソシエダが1-0で勝利しました。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

ソシエダ、ベンフィカに勝利で首位を維持! CL3試合連続先発の久保建英は右サイドで躍動

ソシエダ、ベンフィカに勝利で首位を維持! CL3試合連続先発の久保建英は右サイドで躍動の画像

チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節が24日に行われ、ベンフィカ(ポルトガル)とレアル・ソシエダ(スペイン)が対戦した。

 前節のライプツィヒ(ドイツ)戦で勝利したため、勝ち点「4」のグループ首位に浮上したレアル・ソシエダ。20年ぶりとなる決勝トーナメント進出を目指す状況のなか、日本代表MF久保建英は右ウイングでスタメンに起用された。

 直近のリーグ戦であるマジョルカ戦で、30分という限られた出場時間のなか、決勝点をアシストするなど圧巻のパフォーマンスを見せた久保。開始直後の7分には、DFラインの背後を取ったミケル・オヤルサバルからパスを受け、カットインしながらニアサイドにシュートを放つ。ボールは枠を外れたものの、さっそく調子の良さを窺わせた。

 対するベンフィカは、12分にハーフライン付近でのスローインの流れからラファ・シルヴァが右サイドを抜け出し、中へと送られたグランダーのクロスにペタル・ムサが合わせてネットを揺らすが、判定はオフサイドで得点には至らない。

 一方のレアル・ソシエダも、センターバックのイゴール・スベルディアが左サイドにロングフィードを供給。ペナルティエリア角でボールを受けたアンデル・バレネチェアがミケル・メリーノに繋ぎ、ゴール前に送られたクロスを2列目から飛び出したブライス・メンデスが頭で押し込んだが、オフサイドとなった。

 すると63分にゲームが動く。B・メンデスがドリブルで長い距離を持ち運び、ボックス手前のM・メリーノにパス。バレネチェアが縦に仕掛けてクロスを送ると、ゴール前に走り込んできたB・メンデスが左足で合わせ、レアル・ソシエダが先制に成功した。これによりB・メンデスは、CL3試合連続となる得点をマークしている。

 この日も積極的にシュートを放ち、力強く攻撃陣を牽引した久保は、76分に途中交代でピッチを後に。試合終盤は、ベンフィカにチャンスを作られる場面があったものの守り抜き、1-0でレアル・ソシエダが勝利を収めた。次節は来月9日の開催予定となっており、レアル・ソシエダのホーム『レアレ・アレーナ』で両者が再び激突する。

【スコア】
ベンフィカ 0-1 レアル・ソシエダ

【得点者】
0-1 63分 ブライス・メンデス(レアル・ソシエダ)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?