“本人に会える”と女性を騙して動画撮影 ネイマールを装った恐喝で男を逮捕

“本人に会える”と女性を騙して動画撮影 ネイマールを装った恐喝で男を逮捕

ネイマールを装った恐喝事件が発生した [写真]=NurPhoto via Getty Images

 バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールの名前を使って女性と接触し、わいせつ動画をもとに恐喝行為を行った男がブラジルで逮捕された。スペイン紙『アス』が9月2日に報じている。

 報道によると、容疑者の男はネイマールの友人やプロカメラマンを装い、SNSを使って被害者女性に接触。実際にネイマールと交流がある人物であると信じ込ませたうえで、同選手の「パーティーに招待する」と女性を騙し、見返りとしてわいせつな動画を送信させた。容疑者は動画をインターネット上に流出させると女性に伝え、金銭を脅し取った模様だ。

 ブラジルメディア『グローボ』によると、男は被害者女性とビデオチャットを行い、カメラの前で服を脱がせるなどの脅しも行っていたという。女性は「画面に映った人物がネイマール本人だと思った」と語っており、容疑者はネイマールに似ていることを利用して犯行に及んだと見られている。

 リオデジャネイロ・オリンピック開幕前にはネイマールと写真を撮るために宿舎へ侵入した男が逮捕される事件があったが、今度は本人を装った恐喝事件が発生した。決して良い話題ではないが、ネイマールの影響力やスター性が絶大だからこそ、と言えるかもしれない。

関連記事(外部サイト)