“皇帝”ベッケンバウアー氏が心臓のバイパス手術 買収疑惑の調査も進む

元ドイツ代表DFのフランツ・ベッケンバウアー氏が、心臓のバイパス手術

記事まとめ

  • フランツ・ベッケンバウアー氏が心臓のバイパス手術を受けていたことが明らかになった
  • 自宅のあるザルツブルクから南ドイツへ移動し、長時間に及ぶ手術だったという
  • ベッケンバウアー氏にはFIFA役員4名を買収して不正に票を集めた疑惑がかけられている

“皇帝”ベッケンバウアー氏が心臓のバイパス手術 買収疑惑の調査も進む

“皇帝”ベッケンバウアー氏が心臓のバイパス手術 買収疑惑の調査も進む

心臓手術を受けたベッケンバウアー氏 [写真]=Getty Images

 バイエルンの名誉会長を務める元ドイツ代表DFのフランツ・ベッケンバウアー氏が、3日に心臓のバイパス手術を受けていたことが明らかになった。5日付のドイツ紙『ビルト』などが伝えている。

 同紙によると、現在70歳のベッケンバウアー氏は、心臓手術を受けるために自宅のあるオーストリアのザルツブルクから南ドイツへ移動。5日に長時間に及ぶ手術を行ったという。

 “皇帝”の愛称で知られるベッケンバウアー氏は現在、DFB(ドイツサッカー連盟)が2000年に行った2006年大会(ドイツ)の開催地を決める投票において、FIFAの役員4名を買収して不正に票を集めた疑惑がかけられている。670万ユーロ(約7億7000万円)の使途が不明瞭とされているが、本人は不正行為を否定している。これに対してスイスの検察当局は、1日に捜査をスタートしたと公表。家宅捜索も行われたようだ。

 ベッケンバウアー氏の今後の展望に注目が集まる。

関連記事(外部サイト)