コソボ代表が初のW杯予選で歴史的な勝ち点1! 南野の同僚が同点ゴール

コソボ代表が初のW杯予選で歴史的な勝ち点1! 南野の同僚が同点ゴール

コソボ代表は今年5月にFIFA加盟の承認を受けた [写真]=FIFA via Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループI第1節が行われ、フィンランド代表とコソボ代表が対戦した。

 アウェーのコソボ代表は、今年5月に国際サッカー連盟(FIFA)への加盟が認められ、W杯欧州予選に初参加。この試合で、同国史上初の国際大会に臨んだ。先発メンバーには、MF南野拓実が所属するザルツブルクのMFヴァロン・ベリシャらが名を連ねた。

 試合は18分、セットプレーからホームのフィンランドが先制。右CKからのクロスを中央でトーマス・ラムが頭でそらすと、エリア内左で待っていたパウルス・アラユーリが右足で蹴り込み、ゴールネットを揺らした。前半はフィンランドが1点リードで折り返す。

 後半に入って60分、コソボに歴史的なゴールが生まれる。エリア内左からドリブルを仕掛けたベルナード・ベリシャが相手DFに倒されてPKを獲得。キッカーのV・ベリシャがゴール左上に豪快に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。

 試合はこのまま終了し、1−1の引き分けに終わった。コソボは歴史的な勝ち点1を獲得し、初のW杯予選で大きな一歩を踏み出した。

 次節は10月6日、フィンランドは敵地でアイスランド代表と、コソボはホームでクロアチア代表と対戦する。

【スコア】
フィンランド代表 1−1 コソボ代表

【得点者】
1−0 18分 パウルス・アラユーリ(フィンランド代表)
1−1 60分 ヴァロン・ベリシャ(PK)(コソボ代表)

関連記事(外部サイト)