欧州王者ポルトガルがW杯予選まさかの黒星発進 C・ロナ不在でスイスに敗戦

欧州王者ポルトガルがW杯予選まさかの黒星発進 C・ロナ不在でスイスに敗戦

9月1日に行われたジブラルタル戦のポルトガル先発メンバー [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループB第1節が行われ、スイス代表とポルトガル代表が対戦した。

 今夏に行われたユーロ2016で悲願の初制覇を果たしたポルトガル。欧州王者として5大会連続のW杯出場を目指す。初戦の相手は4大会連続出場を狙うスイス。ユーロ2016はベスト16で終えた。

 ポルトガルはエースで主将のFWクリスティアーノ・ロナウドを負傷で欠き、代わりにMFナニがキャプテンマークを巻いて先発出場。その他、DFペペやユーロ決勝で決勝ゴールを挙げたFWエデルらがスタメン入りした。一方のスイスは、アーセナルMFグラニト・ジャカや19歳FWブリール・エンボロらが先発メンバーに名を連ねた。

 試合は24分、ホームのスイスが先制に成功した。ペナルティエリア手前右からのFKでリカルド・ロドリゲスが左足で直接狙う。強烈なシュートは相手GKルイ・パトリシオに弾き返されるが、ゴール前のエンボロが反応し、頭で押し込んだ。

 先手を取られたポルトガルだが、30分にはさらに追加点を許す。エリア内右に抜け出したハリス・セフェロヴィッチが深い位置からマイナスの折り返し。エリア内中央に走り込んだアドミル・メーメディがワントラップから右足を振り抜き、ゴール右上隅に決めた。スイスがリードを2点に広げた。

 前半の内に2失点を喫したポルトガルはハーフタイムに、ウィリアム・カルヴァーリョとエデルを下げて、アンドレ・シルバとジョアン・マリオを投入。しかし、後半に入ってもゴールが遠い。68分にはジョアン・モウティーニョに代えてリカルド・クアレスマを入れて得点を狙う。

 猛攻を仕掛けるポルトガルだが、スイスの守備を崩し切れないまま時間だけが過ぎる。後半アディショナルタイム3分には、ジャカが2枚目のイエローカードで退場処分を受けてスイスが10人となるが、時すでに遅し。試合はそのまま終了し、欧州王者ポルトガルがスイスに0−2で敗れて、波乱の黒星スタートとなった。

 スイスは次節、10月7日にアウェーでハンガリー代表と対戦。ポルトガルは同日にアンドラ代表とのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
スイス代表 2−0 ポルトガル代表

【得点者】
1−0 24分 ブリール・エンボロ(スイス)
2−0 30分 アドミル・メーメディ(スイス)

関連記事(外部サイト)