4発快勝のウルグアイが首位奪回 新生ブラジルが2位浮上/W杯南米予選

4発快勝のウルグアイが首位奪回 新生ブラジルが2位浮上/W杯南米予選

チームを勝利に導いたウルグアイのスアレス(左)とブラジルのネイマール(右) [写真]=LatinContent/Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選の第8節が6日に各地で行われた。

 第7節でウルグアイ代表との上位対決を制し、首位に立ったアルゼンチン代表は最下位のベネズエラ代表と対戦。FWリオネル・メッシ(バルセロナ)を欠く中で敵地での戦いに臨むと、2点を先行されるという思いがけない展開に。59分と83分のゴールで同点には追い付いたものの、2−2の引き分けに終わった。

 一方、首位陥落となったウルグアイ代表はパラグアイ代表をホームに迎えた。FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)が2ゴール、FWルイス・スアレス(バルセロナ)が1ゴール2アシストと活躍を見せ、4−0と快勝。勝ち点を「16」に伸ばし、アルゼンチン代表を抜いて首位に再浮上した。

 また、チッチ新監督の下での2試合目を迎えたブラジル代表は、ホームでコロンビア代表と対戦。FWネイマール(バルセロナ)の1ゴール1アシストの活躍で、2−1と競り勝って2連勝を果たし、勝ち点を「15」に伸ばして2位に浮上している。

 南米予選は第8節を終え、3ポイント差に上位5カ国がひしめく大混戦。次節は10月6日に行われる予定となっている。

■2018 ロシア・ワールドカップ南米予選 第8節結果
ブラジル 2−1 コロンビア
ベネズエラ 2−2 アルゼンチン
ウルグアイ 4−0 パラグアイ
チリ 0−0 ボリビア
ペルー 2−1 エクアドル

■2018 ロシア・ワールドカップ南米予選 第8節 順位表(勝ち点/得失点差)
1位 ウルグアイ(16/+11)
2位 ブラジル(15/+7)
3位 アルゼンチン(15/+3)
4位 コロンビア(13/+2)
5位 エクアドル(13/+1)
6位 パラグアイ(12/−2)
7位 チリ(11/+1)
8位 ボリビア(7/−4)
9位 ペルー(7/−7)
10位 ベネズエラ(2/−12)

関連記事(外部サイト)