【予想スタメン】不振極める湘南、昨季残留を決めた味スタで連敗脱出を目指す

【予想スタメン】不振極める湘南、昨季残留を決めた味スタで連敗脱出を目指す

【予想スタメン】不振極める湘南、昨季残留を決めた味スタで連敗脱出を目指すの画像

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節
9月10日 19:00 FC東京 vs 湘南ベルマーレ(@味の素スタジアム)

■FC東京 ムリキの代役は中島翔哉が濃厚、得点力向上が勝利のカギ

 リーグ前節の名古屋グランパス戦を引き分けた後、ルヴァン杯に臨んだ。この準々決勝第1戦では、終了間際にアビスパ福岡に追いつかれ、ドローに終わる。名古屋戦を含め、リーグでの順位が下位の相手に対して勝ち切ることができず、特に引いて守備を固めた相手に対して崩し切れないという課題が残った。ただし、第2戦では、田邉草民がミドルシュートを決め、セットプレーでは高橋秀人がゴールネットを揺らし、それぞれ今季初ゴールをマーク。チームとして「何としてでもゴールを奪って勝つ」という貪欲な姿勢が生きた形となった。しかし、第1戦で攻撃の軸となっていたムリキがひざを負傷し、復帰時期は未定。そのため、今節も中島翔哉が先発することになりそうだ。

 現在公式戦4戦負けなしだが、篠田監督の下、守備のバランスや、ボールを失った後の素早い切り替えは、試合を重ねるごとに高まりつつある。今節は日本代表の森重真人、丸山祐市も復帰し、守備が大崩れすることはなさそうだ。

 一方、得点力については、さらなる向上が求められる。その中でもボールを保持した時に攻め切れず、相手に奪われる局面も多い。湘南は前線からのプレスが持ち味のチームでもあり、それに掛かると、失点につながりかねない。中島や東慶悟をはじめ、個々のゴールに向かう強い気持ちに加え、スペースを消された中でも連動した形で攻め切ることが必要になるだろう。そのチャレンジが続けられるかが焦点となる一戦だ。(totoONE編集部)

■湘南ベルマーレ リーグ戦は泥沼の8連敗中、天皇杯勝利の勢いをつなげられるか

 リーグ戦前節でガンバ大阪に1−2で敗れ、湘南の連敗は「8」に伸びた。2試合ぶりの先制点で幸先良くゲームに入り、得点以外にも好機を重ねたが決め切れず、逆に隙を突かれて逆転を許した。内容の悪くない戦いが続いているだけに、勝ち点3をつかむためには、攻守においてゴール前をシビアに突き詰める姿勢がより強く求められている。

 勝利から離れて久しいチームにとって、しかし先週末に開催された天皇杯2回戦の勝利は決して小さくないだろう。カテゴリーの異なる相手との対戦とはいえ、6−0と快勝した。ジネイやウェズレーに移籍後初ゴールが記録されたこともポジティブな要素と言える。往々にして難しい展開になりがちな天皇杯の序盤戦を制したこの良い流れを、リーグ戦につなげたいところだ。

 今節で挑むFC東京には、過去10度の対戦で2勝2分6敗とリードを許している。対戦成績もさることながら、味の素スタジアムには節目の記憶も多い。2013年にはこの地で降格が決まり、昨季は同じくこの地で勝利とともにJ1残留を自力で決めた。

 ホームで迎えた今季1stステージのFC東京戦は、0−1で敗れている。前半で先制を許して後手を踏むと、シュート1本という記録も示すように、最後まで相手の堅陣を崩し切れなかった。それから4カ月余り、状況は厳しくも、チームの着実な成長はゲームの内容にしっかりと示されている。両ゴール前を追求し、今節こそは結果につなぎたい。昨季にならい、味スタでのこの一戦を巻き返しの節目としたい。(隈元大吾)

関連記事(外部サイト)