大迫も熱中? ケルンで「ポケモンGO」がブーム、敵地への移動中にプレー

大迫も熱中? ケルンで「ポケモンGO」がブーム、敵地への移動中にプレー

ケルンでも「ポケモンGO」が流行している模様。大迫もプレーしているようだ [写真]=Getty Images

 10日に行われるブンデスリーガ第2節で、ヴォルフスブルクとFW大迫勇也のケルンが対戦する。

 8月27日の第1節ではダルムシュタットを2−0で破り、アウェーで開幕2連勝を目指すケルン。敵地での移動中、選手たちはスマートフォン向けアプリゲーム「ポケモンGO」を楽しんでいるようだ。ドイツ紙『EXPRESS』は9日、「大迫がチームメイトと何をしている?」と見出しを掲げ、スマートフォンの画面を凝視している選手たちの様子を伝えている。

 世界的なブームとなっている「ポケモンGO」。サッカー界でも多くの選手がプレーを楽しんでいるが、ケルンでもブームとなっているようだ。同紙は、敵地へ移動する選手たちがスマートフォンの画面を覗きこんでいる姿を伝えた。大迫は「GKのスヴェン・ミュラーやルーカス・クリュンターにポケモンのコレクションを見せていた」と報じられている。

 上記3選手以外にも、ドイツ人GKティモ・ホルンや同FWマルセル・リッセらがスマートフォンの画面を覗きこんでいたようで、チーム内で流行していると見られている。移動中に「ポケモンGO」をプレーすることは、コミュニケーション・ツールとしても機能しているようだ。

 開幕2連勝を目指してアウェーゲームに臨むケルン。ポケモンだけでなく、勝ち点3をゲットすることはできるだろうか。

関連記事(外部サイト)