原口が今季日本人第1号のブンデス公式MOMに 2アシストで開幕2連勝に貢献

FW原口元気が2アシストで、今季日本人初となるブンデスリーガ公式サイトのMOMに選出

記事まとめ

  • 日本代表のFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが敵地で2−0で勝利した
  • 2アシストで勝利に貢献した原口が、ブンデスリーガ公式サイトのMOMに選出されている
  • スプリント回数や競り合いの面でも、高いパフォーマンスを示したと選出理由を明かした

原口が今季日本人第1号のブンデス公式MOMに 2アシストで開幕2連勝に貢献

原口が今季日本人第1号のブンデス公式MOMに 2アシストで開幕2連勝に貢献

インゴルシュタット戦で2アシストをマークした原口元気(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第2節が10日に行われ、日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは敵地でのインゴルシュタット戦に2−0で勝利した。2アシストでチームの勝利に貢献した原口が、ブンデスリーガ公式サイトのMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出されている。

 原口は開始8分、スルーパスでヴェダド・イビセヴィッチの先制点をアシスト。後半に入って86分には、左サイドから右足でピンポイントのクロスを供給し、ユリアン・シーバーのゴールをお膳立てした。2試合連続でのフル出場を果たし、チームの開幕2連勝に貢献している。

 同サイトは、「原口元気はヘルタの2ゴールを演出した。チームのシュート7本の半分以上となる、4本のシュートに絡んだ。また、ヴェダド・イビセヴィッチと同じくチーム最多19回の競り合いを記録し、スプリント26回はチームトップの回数だった」と原口を高評価。得点以外のスプリント回数や競り合いの面でも、高いパフォーマンスを示したと選出理由を明かした。

関連記事(外部サイト)