テリー、スウォンジー戦にフル出場も足首を負傷か 試合後は松葉杖姿に

テリー、スウォンジー戦にフル出場も足首を負傷か 試合後は松葉杖姿に

スウォンジー戦にフル出場したDFテリー [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属する元イングランド代表DFジョン・テリーが、11日に行われたプレミアリーグ第4節スウォンジー戦で負傷した。同日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 チェルシーは開幕4連勝を目指したが、スウォンジーに敵地で2−2のドロー。テリーも同試合にフル出場を果たしたが、試合終了間際に左足首を痛めてメディカルスタッフによる治療を受けていた。

 同メディアによると、同選手は松葉杖をついてスタジアムを後にしたという。アントニオ・コンテ監督はクラブ公式サイトを通じてコメントを発表しており、「テリーの足首のケガは明日精査する。過度に心配する必要はないと思う」と、軽傷であることを願った。

 開幕からの連勝が3でストップしたチェルシー。次節は16日、リヴァプールをホームに迎える。

関連記事(外部サイト)