マラドーナ、監督業に復帰? ウルグアイ1部ペニャロールの指揮官に就任か

ディエゴ・マラドーナ氏がウルグアイ1部ペニャロールの次期指揮官候補に浮上か

記事まとめ

  • マラドーナ氏がウルグアイ1部ペニャロールの次期指揮官候補に浮上しているという
  • 12日にクラブとマラドーナ氏の間で3度目の会談が行われ今後について話し合ったという
  • マラドーナ氏のペニャロールへの就任が現実となれば、4年ぶりの監督業復帰となる

マラドーナ、監督業に復帰? ウルグアイ1部ペニャロールの指揮官に就任か

マラドーナ、監督業に復帰? ウルグアイ1部ペニャロールの指揮官に就任か

7月、コパ・リベルタドーレスを観戦しに訪れるマラドーナ [写真]=LatinContent/Getty Images

 ウルグアイ・プリメーラ・ディビシオン(1部リーグ)に所属するペニャロールの次期指揮官に、ディエゴ・マラドーナ氏の名前が浮上しているようだ。南米サイト「PASIONFUTBOL」が12日、報じた。

 同メディアによれば、マラドーナ氏がペニャロールの監督就任に近づいてる模様だ。12日にはクラブとマラドーナ氏の間でスカイプによる3度目の会談が行われ、今後の計画等について話し合ったという。

 ペニャロールは昨シーズンまで元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが所属していたクラブで、昨シーズンは年間順位で首位に立ち3年ぶり50回目の優勝を達成した強豪だ。現在はジョルジュ・ダ・シウバ監督が指揮を執っているが、10月3日に退任すると報じられている。

 マラドーナ氏は2008年からアルゼンチン代表監督を務め、2010年には南アフリカ・ワールドカップを戦った。2012年にアラブ首長国連邦のアル・ワスルの指揮官を解任されて以降は監督業から離れており、ペニャロールへの就任が現実となれば、4年ぶりにマラドーナ氏がピッチに帰ってくることになる。

関連記事(外部サイト)