ピルロ、今年1月にインテルからのオファーを拒否「打診はあったが…」

ピルロ、今年1月にインテルからのオファーを拒否「打診はあったが…」

1998年〜2001年までインテルに所属したピルロ [写真]=Getty Images

 MLS(メジャリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティFCに所属するイタリア人MFアンドレア・ピルロが、今年1月にインテルからのオファーを拒否していたことを明かした。イタリアメディア『スカイ』が13日に報じている。

 ピルロは、今年1月の移籍市場で2001年以来、15年ぶりとなるインテルへの復帰が噂されたことについて、「打診はあったが、アメリカに留まることに決めた。アメリカ行きを決断した後、イタリアに戻ることはふさわしいものではないと思ったからだ」と明かした。

 さらに同選手はセリエAについて、「遠くから見たイタリアのサッカーはそれほど酷いようなものではない。今はユヴェントスが突出している。移籍市場がそれを物語っている。セリエAはリーグ・アンのようになってしまい、ユヴェントスはパリ・サンジェルマンのような存在となってしまった」とコメント。

史上最高額の移籍金でユヴェントスからマンチェスター・Uに移籍したフランス代表MFポール・ポグバについては、「補強した選手の顔ぶれを見れば、放出は正しかったと言えるだろう。素晴らしい補強によりユーヴェは全てのタイトルを手に入れるために作られた」と話し、放出の決断は正しいものであるとの理解を示した。

関連記事(外部サイト)