劇的勝利のレアルに懸念材料 途中交代のベイル、負傷で検査実施へ

劇的勝利のレアルに懸念材料 途中交代のベイル、負傷で検査実施へ

スポルティング戦で負傷したレアルのベイル [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節が14日に行われ、レアル・マドリードとスポルティングが対戦。前回王者のレアル・マドリードは終了間際まで1点ビハインドを負っていたが、89分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、90+4分にスペイン代表FWアルバロ・モラタがゴールを決め、2−1と劇的な逆転勝利を収めた。

 同試合に先発出場したウェールズ代表FWギャレス・ベイルは67分に途中交代。スペイン紙『マルカ』によると、同選手はでん部を痛めており、16日に検査を受ける予定となっているようだ。

 ベイルは前半終了間際、敵陣左サイド深くをドリブルで縦へ突破した際、相手選手と交錯。相手のひざが脇腹からでん部に強く当たる形となり、ベイルは痛みで顔をしかめた。倒れ込んでいた同選手は治療を受け、ハーフタイム明けもピッチに姿を見せた。ただ、後半半ばに交代を命じられた。

 同紙によると、ベイルは試合後の取材エリア(ミックスゾーン)に足を引きずった状態で現れたという。検査の結果次第では離脱を強いられる可能性もあるだけに、レアル・マドリードにとっては懸念材料が生じてしまった形となった。

 レアル・マドリードは次戦、18日にリーガ・エスパニョーラ第4節でエスパニョールと対戦する。

関連記事(外部サイト)