【神戸vs柏プレビュー】攻撃陣が絶好調も守備が不安な両チーム 相性面では柏が有利

【神戸vs柏プレビュー】攻撃陣が絶好調も守備が不安な両チーム 相性面では柏が有利

【神戸vs柏プレビュー】攻撃陣が絶好調も守備が不安な両チーム 相性面では柏が有利の画像

■ヴィッセル神戸 攻撃には自信もニウトン欠場は不安材料 

 リーグ戦前節のアウェージュビロ磐田戦では、レアンドロが後半アディショナルタイムに決勝点を決め、劇的な勝利をつかんだ。これでリーグ戦の連勝を「4」に伸ばし、順位も2ndステージ4位に浮上した。勝ち点は、1位川崎フロンターレに「3」差で迫る「22」。今節の結果次第では首位に躍り出る可能性もある状況だ。

 センターバックの岩波拓也は、「4連勝は自信になるし、前節のああいう勝ち方はチームに勢いをもたらすと思う」と手応えを感じている様子。「レイソルにはリーグ戦で勝てていない。でも、そういうチームに勝つことで上位にいけると思うので、絶対に勝ちたい」と気合いも十分だ。

 神戸と柏レイソルとの対戦成績は、神戸が昨季のナビスコ杯(現ルヴァン杯)準々決勝第1戦で勝利しているものの、リーグ戦では今季の1stステージも含めて神戸が連敗中。柏との相性はあまり良くない。加えて、今節はボランチのニウトンが警告累積で出場停止。前節の磐田戦では3−1からのゲームコントロールに課題を残しただけに、多彩なキックとセットプレー時の高さを持つニウトンの不在は不安要素の一つと言える。

 とはいえ、現在15得点で得点ランク2位タイにつけるレアンドロは前節も2ゴールと絶好調。相棒のペドロ・ジュニオールもリーグ戦4試合連続ゴール中で、前節の磐田戦では2ゴール1アシストと大活躍。今節も“ゴール”という名の花火を神戸総合運動公園ユニバー記念競技場に打ち上げる可能性は高い。(totoONE編集部)

■柏レイソル 強豪撃破で好調キープ、好相性の相手に確実な勝利を

 リーグ戦3連勝と上位追走に向けて好調を維持する柏。その連勝も川崎を5−2、鹿島アントラーズを2−0など強豪相手に内容の伴った快勝を収めての連勝である。

 好調の要因はクリスティアーノ、ディエゴ・オリヴェイラ、伊東純也の3トップにある。前節の鹿島戦でベンチスタートだった伊東は、後半途中にピッチに立つと即座に試合の流れを変え、いきなりディエゴ・オリヴェイラのゴールをアシスト。そのディエゴ・オリヴェイラもここ3戦で5発と得点を量産している。

 ネルシーニョ監督の就任以降、柏は神戸に対し、リーグ戦3連勝と抜群の相性を誇る。これは選手たちが、かつて自分たちがネルシーニョ監督に強く求められていたことを神戸が実践してくると予測できている結果だ。相手の出方を読めているからこそ有利に立っているが、「何らかの対策をしてくると思う」(大谷秀和)と、ネルシーニョ監督が企てる奇策に警戒を強めている。

 神戸の強力攻撃陣に対し、柏が前節の鹿島戦同様の安定した守備を発揮できれば勝算は高い。だが、2ndステージ17失点という数字が示すとおり、守備面で安定感を欠いており、もし守備に問題が生じれば、神戸攻撃陣の餌食にもなりかねないだろう。前線でハイプレスを仕掛けチーム全体の守備のスイッチを入れる中川寛斗は、前節の鹿島戦ではベンチ入りも出場機会がなかった。ただ、鹿島戦では小林祐介が良い働きをしたため、大きな問題はない。得点力には絶対の自信があるだけに、守備さえ安定すれば自ずと結果はついてくるはずだ。川崎、浦和レッズへの挑戦権を懸けた神戸との重要な一戦を制し、ステージ優勝への勢いを加速させることができるか。(鈴木潤)

関連記事(外部サイト)