今シーズン初黒星のコンテ監督 2失点に落胆「集中していなければならない」

今シーズン初黒星のコンテ監督 2失点に落胆「集中していなければならない」

リヴァプール戦で指揮を執ったコンテ監督 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第5節が16日に行われ、チェルシーはリヴァプールと対戦し、1−2で敗れた。試合後、同クラブ公式HPが、指揮官を務めるアントニオ・コンテ監督のコメントを伝えている。

 前半にクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンとイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンに得点を奪われたチェルシー。後半に入ってスペイン代表FWジエゴ・コスタのゴールで1点を返すものの、同点ゴールを記録することはできず、今シーズンのプレミアリーグで初黒星を喫した。

 ホームでの敗戦を受けてコンテ氏は、「1失点目は素早いFKから生まれた。2失点目はスローインの後だ。2つのゴールを許せば、試合はとても難しくなる。このようなタフなゲームでは、すべての瞬間で集中していなければならないんだよ」とコメント。失点シーンは集中力が欠如していたと指摘し、同試合の敗因であると分析した。

 2015−16シーズン、チェルシーは12勝14分け12敗の10位に終わっている。リヴァプール戦後、コンテ監督はそのことに触れ、「昨シーズンを忘れてはいけない。悪いシーズンだったし、ぼくはあのような事態を繰り返したくない。改善するためにハードワークしなければならないし、全てのゲームがタフになる」とチームの気を引き締めた。

 チェルシーは次節、24日にアーセナルと対戦した。

関連記事(外部サイト)