岡崎所属のレスター、本拠地で爆弾騒動 警察が駆け付けスタジアムを調査

岡崎所属のレスター、本拠地で爆弾騒動 警察が駆け付けスタジアムを調査

爆弾騒動が発生したキング・パワー・スタジアム [写真]=Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターで爆弾騒動が発生した。16日付のイギリス紙『デイリースター』が報じている。

 同紙によると、16日の昼間にレスターの本拠地キング・パワー・スタジアムで突然、緊急警報が鳴り響いたという。すぐさま警察官と警察犬が駆け付け、レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督や、報道関係者全員がスタジアムの外で待機することとなったようだ。その後、警察官がスタジアム内を調査をしたところ、原因は誤作動であることが判明した。

 2015−16シーズンのプレミアリーグ最終節では、マンチェスター・Uの本拠地オールド・トラッフォードで不審物が発見され、試合開催が延期される事態が起きていた。しかしその時も爆発物処理班が調査したところ、不審物が爆弾ではなく訓練用の機器だったと分かっている。

 レスターは17日、ホームでリーグ第5節のバーンリー戦に臨む。

関連記事(外部サイト)