シメオネ監督、契約期間の短縮に納得「エネルギーを感じる必要がある」

シメオネ監督、契約期間の短縮に納得「エネルギーを感じる必要がある」

契約期間を縮めたアトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督 [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督が、契約期間を短縮したことに関してコメントを残した。16日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 2015年3月に、2020年6月30日までアトレティコ・マドリードと契約を延長したシメオネ監督。しかし今回、同契約の期間を2018年6月30日まで短縮されることが明らかになり、その後の去就などについて注目が集まっていた。

 同紙によると、17日に行われるリーガ・エスパニョーラ第4節のスポルティング・ヒホンへ向けた前日会見に出席したシメオネ監督が、契約について言及。「私は4年半の契約期間は長すぎると判断した。このクラブとともにすべての瞬間でエネルギーを感じる必要があるからね」とコメントし、契約期間の短縮に納得した上で、よりモチベーションを高く保ってチームを率いることができるとの見解を示した。

 また、契約期間終了後については、「更新することができる。クラブも正しいと判断すれば、(2018年6月30日までの)2年以内に契約を更新できる」とチームを離れることが決定しているわけではないと強調した。

 2011年12月からアトレティコ・マドリードを率いるシメオネ監督。2013−14シーズンにはバルセロナ、レアル・マドリードらを抑えリーグ優勝を達成すると、同シーズンと2015−16シーズンにチャンピオンズリーグで決勝進出を果たしている。

関連記事(外部サイト)