マンCが5連勝 ギュンドアンの加入後初ゴールなど4発完封でボーンマス圧倒

マンCが5連勝 ギュンドアンの加入後初ゴールなど4発完封でボーンマス圧倒

スターリングの得点を祝うマンチェスター・Cの選手ら

 プレミアリーグ第5節が17日に行われ、マンチェスター・Cとボーンマスが対戦した。

 前節、マンチェスター・Uとのダービーを制し、4連勝を飾ったマンチェスター・C。今節は、本拠地エティハド・スタジアムにボーンマスを迎えた。マンチェスター・Cの先発には、イングランド代表MFラヒーム・スターリング、ドイツ人MFイルカイ・ギュンドアンらが名を連ねた。エースのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは出場停止となっている。

 試合開始から15分、マンチェスター・Cが先制に成功する。エリア付近でFKを獲得すると、ケヴィン・デ・ブライネが壁の下を射抜くシュート。これが狙い通りに決まり、ネットを揺らした。

 さらにマンチェスター・Cは25分、自陣でボールを奪い一気にカウンターを仕掛ける。エリア右でデ・ブライネからのボールを受けたスターリングがラストパス。これに走りこんだケレチ・イヘアナチョが無人のゴールへ流し込み、点差を広げる。

 2−0で後半に突入した後も、マンチェスター・Cの勢いは止まらない。48分、左サイドを駆け上がったイヘアナチョがピッチ中央のデ・ブライネからスルーパスをもらうと、ダイレクトでゴール前へ折り返す。これを待ち構えていたスターリングが冷静にゴールへ押し込み、チーム3点目をゲットした。

 さらに66分、左サイドのデ・ブライネがエリア内のイルカイ・ギュンドアンへグラウンダーのパスを供給。ギュンドアンはGKの動きを見てゴール右下へシュートを放ち、ネットを揺らした。ギュンドアンはこれがマンチェスター・C移籍後初ゴールとなる。

 大量リードを奪ったマンチェスター・Cだったが86分、ノリートがアダム・スミスと小競り合いになると、その流れの中で頭突き。スミスにはヒットしなかったものの、主審はレッドカードを提示し、ノリートは退場となった。

 それでも、このままボーンマスの攻撃をシャットアウトしたマンチェスター・Cが4−0で勝利。リーグ戦で開幕から無傷の5連勝となった。

 次節、マンチェスター・Cは敵地でスウォンジーと、ボーンマスはホームでエヴァートンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 4−0 ボーンマス

【得点者】
1−0 15分 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
2−0 25分 ケレチ・イヘアナチョ(マンチェスター・C)
3−0 48分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
4−0 66分 イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C)

関連記事(外部サイト)