「レガネスは34番目の犠牲者」 メッシ、リーガで無得点は残り1チームに

「レガネスは34番目の犠牲者」 メッシ、リーガで無得点は残り1チームに

レガネス戦で2ゴールを挙げたメッシ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節レガネス戦で得点を決めて、新たな記録を更新した。同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同紙は、「レガネスがメッシの34番目の犠牲者になった」というタイトルで記事を掲載。レガネス戦で2ゴールを挙げたメッシが、リーガ・エスパニョーラで得点をマークしたクラブ数を34チームに伸ばした。

 これでメッシが今シーズンのリーガ・エスパニョーラに在籍する(バルセロナを除く)19クラブのうち、得点を挙げていないのはラス・パルマスのみ。また、スペイン1部でメッシが出場経験のある対戦クラブでは、カディス、ムルシア、ヘレスだけ得点を奪われていない。

 なお、バルセロナは2017年1月15日にホームで、同5月14日に敵地でラス・パルマスと対戦予定。メッシがリーガ・エスパニョーラの全チームからゴールを奪うことになるのか、注目の試合となりそうだ。

関連記事(外部サイト)