レアルはバルサに並べるか エスパニョール撃破でリーグ連勝タイ記録樹立へ

レアルはバルサに並べるか エスパニョール撃破でリーグ連勝タイ記録樹立へ

エスパニョール戦での勝利を目指すレアル・マドリード [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは18日に行われるリーガ・エスパニョーラ第4節でエスパニョールと対戦する。同試合を前に、17日付のスペイン紙『マルカ』は、レアル・マドリードの連勝記録に関する記事を掲載した。

 前節、昇格組のオサスナに勝利したレアル・マドリードは、開幕からの連勝を3に伸ばした。2015−16シーズンを12連勝で締めくくった同クラブは、この白星でクラブ記録に並ぶリーグ15連勝を記録している。

 同紙によると、レアル・マドリードはエスパニョール戦に勝利すれば16連勝となり、クラブ新記録を樹立する。この数字は、2010−11シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督の下でバルセロナが樹立したリーグ記録に並ぶという。

 しかし、レアル・マドリードの攻撃をけん引するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとウェールズ代表MFギャレス・ベイルはエスパニョール戦の欠場が決定。不安を抱えて、記録へ挑戦することとなった。

関連記事(外部サイト)