今季初弾のハメス 指揮官との関係に言及「サポートを受けている」

今季初弾のハメス 指揮官との関係に言及「サポートを受けている」

先発出場のJ・ロドリゲスは、先制ゴールをマークした [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは18日、リーガ・エスパニョーラ第4節でエスパニョールと対戦し、2−0で勝利した。先制ゴールをマークしたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスのコメントを、18日付けのスペイン紙『アス』が伝えている。

 J・ロドリゲスは今シーズンのリーガ・エスパニョーラで初先発。試合開始からピッチに立つと、前半アディショナルタイムにディフェンス2人をかわしてミドルシュートを叩き込み、初ゴールもマークした。レアル・マドリードはその後フランス代表FWカリム・ベンゼマの得点もあり2−0で勝利し、ジネディーヌ・ジダン監督のもとクラブ新記録となるリーグ戦16連勝を達成している。

 昨シーズンから出場機会を減らしているJ・ロドリゲスは今夏、移籍の噂が複数報じられていたが、最終的に残留。巡ってきたチャンスをモノにして決めたゴールについて尋ねられると、「別に難しい時間を過ごしていたわけじゃないんだ。監督を含め、全員からサポートを受けている。みんなが騒いでいるような感じではないんだよ。ジダン監督やチームメートといい関係を築けているのは、見てくれればわかると思う」と、指揮官との良好な関係をアピール。その上で「僕たちは結束したチームで、勝ち続けたいし、記録を伸ばし続けたい」と、連勝記録の更新に意欲を見せた。

 レアル・マドリードはリーグ開幕4試合に全勝し、バルセロナやアトレティコ・マドリードをリードして単独首位に立っている。次戦は21日にリーガ・エスパニョーラ第5節でビジャレアルをホームに迎え撃つ。

関連記事(外部サイト)