新潟、元韓国代表DFイム・ユファンを契約解除 7月に東京Vに期限付き移籍

新潟、元韓国代表DFイム・ユファンを契約解除 7月に東京Vに期限付き移籍

新潟、東京Vが同時に契約解除を発表したDFイム・ユファン(写真は2月) [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 アルビレックス新潟は19日、東京ヴェルディに期限付き移籍していた元韓国代表DFイム・ユファンと契約解除したことを発表した。また、東京Vも同時に契約解除を発表している。

 現在32歳のイム・ユファンは、2003年に京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)でプロデビュー。その後は韓国や中国のクラブを渡り、2015年夏に新潟に加入した。今年7月には東京Vに期限付き移籍し、2016明治安田生命J2リーグで3試合に出場していた。

 また、各世代の韓国代表として活躍し、2004年のアテネ・オリンピックに臨んだU−23韓国代表のメンバーにも選出。A代表としても国際Aマッチ1試合に出場している。

関連記事(外部サイト)