リーグ杯3回戦はレスターとの「大一番」 チェルシー指揮官「しっかりと準備を」

リーグ杯3回戦はレスターとの「大一番」 チェルシー指揮官「しっかりと準備を」

レスター戦を「大一番」と表現し、抱負を語ったコンテ監督 [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 20日に行われるフットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦で、日本代表FW岡崎慎司のレスターとチェルシーが対戦する。

 昨シーズンのプレミアリーグ王者と3回戦で早くも対戦することとなったチェルシー。アントニオ・コンテ監督が同試合に向けてチーム状況と抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 チェルシーは16日、プレミアリーグ第5節でリヴァプールと対戦し、1−2で敗れて今シーズン初黒星を喫した。コンテ監督は「リヴァプールに負けたことは残念だった。だが、練習では良い集中力を感じ取ることができるし、選手たちは良い方向へ向かっている」とチームの現状に手応えを示している。

 そしてコンテ監督は「レスターとの試合は大一番だ。しっかりと準備を進めているよ」と話し、「細部への注意を怠った場合、それが勝敗をわけることになる。今回(リヴァプール戦)が良い例だ。(スコアを)0−2とされてしまうと引き分け(に持ち込むこと)も難しくなる。良いリアクションで1点を返して同点弾にも近づいたけど、時すでに遅しだったね」と、選手たちに細心の注意を促していた。

関連記事(外部サイト)