足首負傷のケイン、最大2カ月離脱へ マンC戦や“ダービー”欠場か

足首負傷のケイン、最大2カ月離脱へ マンC戦や“ダービー”欠場か

18日の試合で足首を負傷したケイン [写真]=Getty Images

 トッテナム所属のイングランド代表FWハリー・ケインが、最悪の場合、2カ月間の戦線離脱を強いられるおそれがある。20日付のイギリス紙『ミラー』が伝えている。
 
 ケインは、18日に行われたプレミアリーグ第5節のサンダーランド戦で、終盤に足首を負傷し途中退場した。検査の結果、足首のじん帯を損傷していることが判明し、同選手は6週間から8週間の離脱を余儀なくされる模様。この場合、トッテナムは首位マンチェスター・Cとの大一番や、アーセナルとの“ノース・ロンドン・ダービー”のほか、チャンピオンズリーグ3試合をエース抜きで戦わなければならない。
 
 さらに、同選手は、イングランド代表としてマルタ、スロヴェニア、スコットランドとのワールドカップ予選を控えているが、こちらも同様に欠場する見込みだ。

 このことに関して、トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスは、「我々は非常に競争力の高いチームで、信頼できる選手が揃っている。たとえ一人の選手が離脱したとしても、代わりのプレーヤーが穴を埋めてくれるよ」と、チームのクオリティに影響はないことを示した。

 ケインは今シーズン、これまでプレミアリーグで5試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。

関連記事(外部サイト)